霧ヶ峰・八島湿原ネイチャースキー1 

八島湿原の山野草
八島湿原のハイキング
八島湿原ネイチャースキー2
ネイチャースキーのフィールド案内
探鳥地案内

 
HOME

夏のハイカーや観光客の賑わいからすると、XCスキーヤーとわずかにすれ違う静かなネイチャースキーが楽しめる、霧ヶ峰高原の北、約2kmに位置する八島湿原は標高約1,600mの比較的平らな雪の原と化す 。スキーで一周するのに2〜3時間も有れば十分で初心者でも楽しめるところです。

上級者の向きは車山へのツアーと組み合わせても変化があって面白い。

旧沢渡スキー場入口付近の林には、ヤマガラやエナガ等のカラ類が多く、双眼鏡を持っての探鳥も面白い。

撮影 2000.3.4 
Nikon FM2・AFズームニッコール24〜120mm F3.5〜5.6D・RDP2


旧沢渡スキー場入口の駐車場-この先にも駐車できるが車高の高い車でないと動けなくなる


コースの入口


カラマツの林


鎌ケ池キャンプ場-本コースの折り返し点となる


鎌ケ池キャンプ場から湿原の木道を行く


湿原を望む



雪に煙る八島湿原


鎌ケ池キャンプ場付近を行く

交通;中央高速道路・諏訪インターチェンジより霧ヶ峰スキー場方面、ビーナスライン・霧ヶ峰インターを北進約1.5kmで沢渡。駐車は旧沢渡りスキー場の下に置くと良い。

参考コース;旧沢渡のスキー場の下に駐車する。そこから八島湿原へ向かって歩く。左手に(旧)御射山を通りコースを歩く。コースは良く整備されている。鎌ヶ池付近のキャンプ場で休憩。湿原を一周するように八島ヶ池を通り木道上を行っても良い。その場合、御射山ヒュッテを通り元の沢渡りへ戻る。

湿原を横切ってもいけるが、来た道をそのまま帰る方が早い。(昼食をとっても全行程約3〜4時間)。

  
交通    (クリックで拡大)    参考コース