(長野県・駒ヶ根市)戸倉山登山2-伊奈富士

戸倉山登山1

戸倉山の山野草

戸倉山の野鳥達

 
HOME

ブナやコナラ等が多い春の戸倉山(とぐらやま)は未だ残雪が一部残るがアイゼン等は必要がなくその展望が心を癒してくれる。整備された登山道はとても歩き易く適度な時間での登山が充実した1日が楽しめる。中央アルプスや南アルプスや北アルプスの山々が展望でき、アオゲラやルリビタキ等の野鳥のさえずりも聞けるし、登山道の途中は各々目印が整備され退屈することはない。

撮影; 2003.4.13

Nikon E5700

春の戸倉山山頂

 

未だ残雪が一部残る登山道

  

宝剣等中央アルプスの山々 

  

シラカバの間から見える中央アルプス

 

      仙丈岳                   北岳           間の岳       農鳥岳 

南アルプスの山々

 

塩見岳

 

仙丈岳

 

北岳

  

交通;駒ヶ根インターを左折し、東へ県道75線を約2km行くと国道153号線に出る。そこを右折し約700mで県道49号へ左折して入る。約2.5kmで天竜大橋を渡る。さらに約6〜7kmで駒ヶ根カントリークラブへの案内が出てくる。そこを左折し、約1kmで戸倉山キャンプ場への小さな案内板があり細い道を右方面へ登っていく。約1.2kmで戸倉山キャンプ場に着く。十数台くらいは駐車できる。前日にキャンプ場を利用する場合はキャンプ場手前の管理人の家に寄る必要がある(0265-87-2433)。

温泉は駒ヶ根インター西のコマクサの湯か、高鳥谷鉱泉が近い。

 

クリックで拡大

地図

参考コース;戸倉山キャンプ場から案内に沿って登る。しばらくは針葉樹林帯が続き又傾斜もある程度急である。30分くらいでベンチのある展望地にいたる。馬止めの松迄来るとしばらくで5合目である。6号目の先のベンチのある展望地からは中央アルプス等が見れる。さらに猿の松、7号目の天狗伝説の岩を通り金名水の水場に出る。ここからは南アルプスが見える。さらに8合目はすぐ。約400mで9合目。山頂迄は数分である。山頂からは中央アルプスや北アルプス、南アルプス等の展望がすばらしい。参考コースタイムは花や野鳥を楽しみながらの登りゆっくりで約3時間、下り約2時間。

クリックで拡大

地図