立山ネイチャースキー

立山の野鳥達
ネイチャースキーフィールド案内

 
HOME







6月の初め迄は未だ雪の中であり、十分に歩くスキーやテレマークスキーが楽しる。、ライチョウやイワヒバリ・イワツバメが普通に見られ、又その景観の雄大さでは晴れれば素晴らしいの一語に尽きる。とても一回ではすべてを楽しみきれないがその一部を紹介する。

ネイチャースキーのコースは色々とれ、室堂平付近では平坦な歩きやカールを利用した練習もし易いし、ミクリガ池を回るコースはライチョウも楽しめる。一ノ越迄登るコースは少し上級者向きだが立山を楽しむコースとしてはお薦めである。又弥蛇ガ原迄下るコースは変化に富み一度はチャレンジしたいコースであるが霧等が出ると経験者のガイドが必要なロングコースである。又地獄谷方面は有毒ガスの危険が有る為スキーは禁止となっているので注意。又6つきといえども2,500mの高山である。曇りの日も日焼け止めの処置、サングラス等は必要である。

撮影 2000.6.3-4
Nikon FM2・AFSズームニッコール28〜70mm F2.8D(IF)
AFズームニッコールED70〜300mm F4〜5.6D・RDP2


弥蛇ガ原の全景


立山三山をバックに行くネイチャースキー


浄土山(2,820m)  


ミクリガ池と浄土山-池は凍結状態がこの季節は弛んでいるので注意


大日岳(2,494m)と奥大日岳(2,609m)


奥大日岳


左から富士の折立、大汝山(3,015m),雄山と雄山神社(3,003m) 


剣岳方面


地獄谷と奥大日岳 


雷鳥平キャンプ場と雷鳥沢方面

交通・ネーイチャースキーの参考コース

  
立山インターから立山駅迄のルート 
  (クリックで拡大)  参考コース