(群馬県)玉原高原ネイチャースキー2  

玉原高原ネイチャースキー1

玉原高原の野鳥達
ネイチャースキーフィールド案内

 
HOME

都内からのアクセスも良く、その広大なブナ林は4月までは雪に埋もれている。しかし3月ともなれば野鳥のさえずりも大きくなり、ネイチャースキーやスノーシューを履いての散策は至福の時を約束してくれる。特にアップダウンもきつくなく、ブナの原生林から覗く武尊の山の孤高の姿はいつかは登ってみたいと心を熱くする。3〜4時間もあればほぼ一周できるコースであり、そのルートファインディングさえ間違わねば初心者向でも楽しむことができるエリアである。初めての場合は2万5千分の1の地図とコンパスも持って行くべきだろう。2003年のビバーク騒ぎでブナ林へのスノーハイキングはガイドが必要となっている。ペンションにお願いすると良い。

撮影 2003.3.22 
Nikon E5700


ブナ林から見える武尊 

 

玉原から見る谷川連峰

 


広大なブナ林

  


熊棚

 

 

熊の爪痕

 

サルノコシカケ

 

玉原湖

 

ブナ林を舞うトビ

交通;関越道沼田インターから一旦右へ出て玉原高原の案内版に沿って右へくるっと回り関越道の下をくぐり一路南へ行く。約20kmで玉原湖そのまま登ると玉原高原スキー場に出る。

ネーイチャースキーの参考コース;ペンションビレッジから北東へコースをとりブナの林を行く。急に落ちる崖の手前まで行く。そこからは武尊岳が姿を見せる。さらに北へコースを取る。スキー場へ出たら南へ下るとキャンプ場がある。そのまま道路に沿って下るとペンシャンビレッジヘ戻る。

ハハ
交通    (クリックで拡大)    参考コース