尾瀬ケ原ハイキング

登山・ハイキング

 
HOME

紅葉も少し過ぎた尾瀬ケ原は一面の枯れた草等が又美しい。池に写る燧や至仏山の勇姿を見ながらの尾瀬ケ原ハイキングはミズバショウや雪一面などの時期とは又違った喜びを与えてくれる。やはり日本で最も美しい場所のひとつと言える。

撮影;2001.10.21

Nikon F5・AFズームニッコール24〜120mm F3.5〜5.6D・RHP3

空の青さが美しい山の鼻の風景

 

燧が写った池

 

 

黄金色の草が美しい

 

  

尾瀬ケ原の中心を流れる小川

 

燧と尾瀬ケ原を流れる小川

 

至仏山をバックに

 

山の鼻付近に咲くマユミ

 

山の鼻にひっそりと咲くタチツボスミレ

 

交通;関越自動車道沼田インターから尾瀬方面・国道120号線に入り、片品村鎌田を北へ国道401号線に入る。尾瀬戸倉温泉を左へ入り鳩待峠方面へ。ミズバショウの季節や紅葉の季節等はマイカー規制が行われてリ、その場合は戸倉温泉の駐車場か尾瀬戸倉スキー場の駐車場に車を置き、バスやタクシーで鳩待峠に入る。

参考コース;鳩待峠から山の鼻迄は約1時間弱。山の鼻から東電小屋分岐を経由し見晴迄約2時間そのまま折り返してもよし尾瀬沼方面へ抜けても良い。アップダウンはほとんどないのでコースタイムの行帰り同じ。山の鼻へ折り返す場合は山の鼻から鳩待峠迄約1時間強。