(静岡県磐田市)桶ヶ谷沼の野鳥達

その他の探鳥地

 
HOME

ベッコウトンボ等のトンボで有名な磐田市の桶ヶ谷沼は、近年保護がなされ自然が残された貴重な沼である。トモエガモをはじめとするカモ類はもちろんオオタカや、コハクチョウ等も確認されており特に冬場は貴重な探鳥地となっている。池へは直接は入れず、観察舎での観察となる。2005年にはオシドリやコハクチョウ5羽も観察された。

撮影;1月

Nikon D2H・AiニッコールED800mmF5.6S

オシドリ

 

コハクチョウ

 

撮影;12月

Nikon D2H・AFS DX Zoom NIkkor ED 12〜24mm F4G(IF)

 

Nikon D2H・AFS DX Zoom NIkkor ED 12〜24mm F4G(IF)

冬に入ろうとする桶ケ谷沼

 

撮影;1月
デジタルカメラ


最近の桶ケ谷沼

 

 撮影;11月
写真;Nikon F5・AFSズームニッコール28〜70mm F2.8D(IF)
AiニッコールED800mmF5.6S・RDP2


桶ヶ谷沼全景

 


桶ヶ谷沼への入り口

 


桶ヶ谷沼の木道

 


オカヨシガモ-お尻が黒い
英名;Gadwall

 

 
ホシハジロとキンクロハジロ

 


マガモ
英名;Mallard


カイツブリ
英名;Little Grebe

 


桶ヶ谷沼より富士

以下 撮影;1月
写真;Nikon F5 AiニッコールED800mmF5.6S
トキナAT-X AF400mmSDR・RDP2

 
トモエガモ
英名;Baikal Teal

 


冬場はカモが数千羽入る

交通;浜松方面からだと磐田バイパスから袋井バイパスに入りすぐ袋井市内の方へバイパスを降りる。バイパスを降りたすぐの信号を左折すると、左手に桶ヶ谷沼の仮駐車場が見えてくる。


クリックで拡大

参考コース;仮駐車場から右手に歩いて約5分で桶ヶ谷沼の入り口に着く。木道を歩いて約5分で観察舎。観察舎から観察する。沼の北側の散策路を歩いても小鳥等が面白い。車は不可。

桶ヶ谷沼で見られる野鳥達
カイツブリ、カワウ、ヨシゴイ、ゴイサギ、ササゴイ、ダイサギ、コサギ、アマサギ、アオサギ、コハクチョウ、オシドリ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、トモエガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、ミサゴ、ノスリ、トビ、オオタカ、コジュケイ、バン、オオバン、コチドリ、ケリ、キジバト、アオゲラ、アカゲラ、コゲラ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ヤブサメ、ウグイス、オオヨシキリ、メジロ、ホオジロ、ミヤマホオジロ、エナガ、コガラ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウガラ、カシラダカ、アオジ、クロジ、オオジュリン、ウソ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、カケス、ハシボソガラス

→(磐田市)鶴ヶ池の野鳥達