御池岳・鈴北岳の山野草1

御池岳・鈴北山の山野草1234
御池岳・鈴北岳登山
山野草地案内

 
HOME

鈴鹿山系の御池岳は藤原岳の北西に位置し、鈴北岳とセットでの縦走に適す。名古屋方面からは日帰りで2つのピークを踏むことが可能であり、花の多さも魅力である。カタクリやバイケイソウ等が多く咲き、エイザンスミレ等少なくなった山野草等も魅力である。鈴北岳の山頂からは伊吹岳の勇姿も望むことができる。御池岳の山頂にはオオイタヤメイゲツの樹木が多く独特の雰囲気を漂わしている。又鞍掛け峠付近にはタチツボスミレやタネツケバナやミヤマカタバミ等が群生しており春のシーズンには見事な登山道となる。

撮影 2000.4.15
Nikon F5 AFマイクロニッコール105mm F2.8D・AFズームニッコール24〜120mm F3.5〜5.6D
RHP3


スハマソウ


アブラチャン


エンレイソウ


カタクリ-未だ蕾


キブシ

  
ミノコバイモ


タネツケバナ


タチツボスミレ


ヤマネコノメソウ

交通;車なら東名阪道桑名インターを降り、国道421号線から県道5号線を北進、さらに国道365号線を関ヶ原方面へ約1kmで西藤原駅への案内板がある春日神社に出る(インターから約20km)さらに直進し5km強行くと黄金大橋へ出る。そこを左折し国道306号線を彦根方面へ行く。6kmでコグルミ谷出会い登山口に着く。その付近に駐車場がある。そこから登ることも可能だが、さらに1km先の鞍掛トンネル東口の駐車場に駐車し、いったん下ってコグルミ谷出会い登山口から登っても良い。

参考コース;鞍掛トンネル東口の駐車場に駐車し、いったん15分位下ってコグルミ谷出会い登山口から登る。初夏は夏鳥がさえずっている中を長命水迄ゆっくり登っても約1時間。長命水の美味しい水で咽をうるおしながら小休止、ベンチがある。さらにカタクリ峠迄約30分、カタクリが多い。右方向へ約30分行くと真ノ谷出合の分岐へ出る。真直ぐ行くと鈴北岳、左方向へ登っていくと御池岳のピーク丸山方面となる。ここは丸山方面へ行き約40分でオオイタヤメイゲツの木が茂る御池岳のピーク丸山ヘ着く。お昼をゆっくりとって右方向へ鈴北岳方面へ下る。途中の下りはバイケイソウが多い。真ノ池を通って見通しがきく笹原を行くと鈴北岳へ行く分岐に出る。右方向へ登っていくと約15分で鈴北岳山頂に出る。山頂付近からは伊吹山や中里ダム等の展望がある。丸山から鈴北岳迄約1時間。鈴北岳から鞍掛峠迄は急な下りとなる。鞍掛峠付近はタチツボスミレやタネツケバナ等の花が多い。鞍掛峠を右へ下ると鞍掛トンネル東口の駐車場へ出る。鈴北岳から約1時間20分。全コースタイム約6時間(コースタイムは休息や余裕を見た時間である)

      
    交通 (クリックで拡大)      参考コース(クリックで拡大)