入笠山・入笠湿原の山野草6  

(デジタル)        

入笠山の山野草1

入笠山の山野草2

入笠山の山野草3

入笠山の山野草4

入笠山の山野草5

入笠山の山野草6-2

山野草地案内

 
HOME

スズランが咲き乱れる花の百名山入笠山は、そのアクセスの良さと高山植物の多さで親しまれている。近くには入笠湿原と大原阿湿原があり、特に入笠湿原はキャンプ場も有り、5から6月にはスズラン、7月中旬にはアヤメやヤナギラン等が楽しめる。2003年6月8日はコナシやスズランの満開迄には1週間程早かったが、美しいカラマツの花等樹木の花もたくさん楽しめた。デジタルカメラでの映像をお楽しみ下さい。

撮影; 2003.6.8
Nikon E5700

カラマツの花(雌)

コナシ

 

ボケ

 

NY-1

 

NY-2

キバナノアツモリソウ-入笠湿原入り口の山小屋にて

アツモリソウ-入笠湿原入り口の山小屋にて

   

入笠湿原

交通;中央高速諏訪南インターを降り、国道20号線へ入り約4kmで入笠山方面へ左折入笠会館前を通りくねくねした道を登って行くと10km位で大阿原湿原、右折して約2km強でT字路、右に行くと入笠湿原、左に行くとマナスル山荘(入笠山登山口)

参考コース;入笠湿原は木道や斜面のスズラン群生地を回る。ゆっくり回って1時間。入笠山へはマナスル山荘前に駐車し、ゆっくり行って約1時間で入笠山山頂。