三ツ峠ハイキング・ロッククライミング

三ツ峠ハイキング2(紅葉)
三ツ峠の山野草

登山・ハイキング

 
HOME

富士山の好展望地のひとつである三ツ峠山へは東京方面からも名古屋・浜松方面からも交通アクセスは良い。又、適度な山道のコースでハイキング・フラワーウォッチングにも適する。クライミングのフィールドとしても知られ99年6月26・27日はあいにくの雨模様で富士山の展望はダメだったが屏風岩などの岩場はクライマー達で賑わっていた。袖からはいる雨を楽しみながらのロッククライミングもなかなかオツなものである。

山野草もアヤメをはじめとしてオオバギボウシ等が咲き、最盛期では無かったがそれなりに楽しめた。

野鳥はホトトギス・カッコウ・ジュウイチ等のトケン類や、コゲラ・アカゲラ等のキキツキ類も多く、鳴き声がおもしろかった。

交通;名古屋・浜松方面からは東名高速を御殿場インターで下り、国道138号線から東富士5湖有料道路に入り、中央高速につながる前の富士吉田インターで下り、河口湖大橋(200円)を抜け、国道137号線を御坂方向へ5.5km北進し、御坂トンネルのすぐ手前で右折、旧道の御坂道に入り、三ツ峠登山口バス停を右折、さらに登ったT字路を右手に100m行くとNTTの工事車用ガレージと駐車場がある。そこの付近に駐車できる。

東京方面からは、中央高速道路を大月ジャンクションで山中湖・河口湖方面へ左折し、中央高速が終了する富士吉田インターで下りる。後は名古屋方面からと同じ。

東京方面からの列車は新宿からのJRホリディー快速ピクニック号が便利。富士急行と乗り入れ、河口湖駅へ直通となる。河口湖駅からは富士急行バスで三ツ峠登山口まで710円。バスの時刻は季節によって違うので富士急行鉄道課(TEL0555-22-7131)に確認すると良い。

参考コース;三ツ峠登山口から約20分で金ヶ窪沢の堰堤を過ぎ、その後約30分でベンチのある休息地点。さらに40分くらいで三ツ峠山荘に着く。三ツ峠山荘を右に行くとロッククライミングのゲレンデとなる屏風岩下方面へ。右に行かず、三ツ峠山荘の中庭を横切ってお花畑を左右に見、四季楽園(山荘)を過ぎ、富士見山荘経由で約20分で三ツ峠山頂に着く。下りは同じ道を戻るか、御巣鷹山・大幡山経由で大幡八丁峠を通り約2時間半で駐車場に戻る。

撮影; 01.9.29
キャノン IXYデジタル200

 三ツ峠より見た富士山

 

撮影; 99.6.26・27
ニコンFM2・AFズームニッコール24-120mmF3.5-5.6D・RDP2


クライミングの好フィールド屏風岩-この上が山頂となる


初級クライミングには丁度良い


三峠山頂方向を下側より望む


クライミング・ハイキングの拠点となる三ツ峠山荘


登山道中間地点の休憩所


登山道入り口-新緑がまぶしい


三ツ峠案内板


登山道入り口となるNTT駐車場