(愛知県・設楽町)岩古谷山(いわこやさん)登山

岩古谷山の紅葉

登山・ハイキング案内

 
HOME

急峻な岩肌や梯子場等が続く登山道も紅葉に彩られ楽しいルートとなる岩古谷山は東海自然歩道の一部をなし、比較的短時間で山頂へ登れその秋の紅葉を求める登山者の多い山である。

撮影;2004年11月

Nikon D2H・AFズームニッコール24-120mm F3.5-5.6

岩古屋山山頂(799m)

 

岩古屋山山頂より

 

山頂近くの休息所(山頂は狭いのでここで休むと良い)

  

平山明神山方面

 

雨の日は滑りやすい

 

鉄梯子場等が続く

 

とても急な梯子場

登山道の中間に休息所、左へ行くと平山明神山

 

反対側の登山道と同じ13の曲がりがある

 

杉の植林の中を登る

  

登山口(登山道は東海自然歩道となっている)

 

和市の駐車場

  

交通;浜松方面からだと国道257号線を長篠まで行き、長篠から県道32号線(鳳来・東栄線)に入る。長篠から12.5km で滝上、そこを田峯・国道257号線・稲目トンネル方面へ左折する。約1kmで稲目トンネル。トンネルを抜け、約1kmで田峯の交差点そこを直進し再び国道257号線に入る。約8kmで設楽町役場を左に見てさらに300mで田口交差点。田口交差点を国道473号線(東栄・佐久間方面)ヘ右折する。約2kmで和市バス停、さらに300m程度行くと左手に10数台駐車可能なスペースの登山口が有る。さらに300m位行くと堤石トンネル、ここ迄行きと行き過ぎ。

クリックで拡大

参考コース;登山口の駐車場から右手の方へ案内に沿って登って行く。杉の植林の十三曲がりを幾度となくつづら折りの登りを登ると休憩のベンチが有る堤石峠へ着く。ここ迄約30〜40分、左へ行くと平山明神山、岩古谷山ヘは右へ行く。急登や梯子場を何回か登り降りすると少し広いテーブルも有る休憩所に着く。そこから数分で岩古谷山山頂。展望は良い。

クリックで拡大