99.9.25 New 星空の世界 散光星雲2

散光星雲1
惑星状星雲
超新星残骸
散開星団

暗黒星雲
球状星団
銀河団
渦巻銀河
 
HOME







photograph by  Y・Masamoto


オリオン座(Orion)・M42・NGC1976(1.3)

冬の星空で最も親しまれているオリオン座のM42。
小三ツ星の真ん中にぼんやりとした光芒を肉眼でもかすかに見ることができる。
写真に撮ると又胸にしみ入る美さである。


オリオン座(Orion)・トラペジュウム・M42・(6.1)

オリオン座の大星雲M42の中心の明るいところの写真である。明るい4個の星はトラペジュウムと呼ばれ周りの300個の星と共に魅惑的な星団を形成している。


射手(いて)座(Sagittarius)・三裂星雲・M20・NGC6514(1.6)

自然の神秘には驚かされる。割れた和菓子のような模様を見せる三裂星雲は
天の川の流れが最も濃くなる射手座にある美しい散光星雲である。


中央は干潟星雲M8。右上は三裂星雲M20(5.1)


射手(いて)座(Sagittarius)・干潟星雲・M8・NGC6523(5.2)

月の2倍程の大きさに見える散光星雲は、
干潟の形に似ているところから干潟星雲と呼ばれている。


(左)白鳥(はくちょう)座(Cygnus)北アメリカ星雲・NGC7000
(右)白鳥(はくちょう)座(Cygnus)ペリカン星雲・IC5067(5.6)

北アメリカ大陸そっくりに見える北アメリカ星雲は月の4倍くらいの大きさに見える散光星雲である。その右にはモモイロペリカンに似ているといわれるペリカン星雲がある。


白鳥(はくちょう)座(Cygnus)網状星雲・NGC6922〜95(5.9)

漁網を投げたように見えるところから網状星雲と名付けられている網状星雲は、
超新星爆発の残骸である。


オリオン座(Orion)・M78・NGC2068(6.2)

中央より少し上の少し左側に位置する散光星雲は光度8.3等の明るさである。


カシオペア座(Cassiopeia)・NGC281(6.7)

カシオペア座の数多い散光星雲の一つであるNGC281散光星雲は
北アメリカ星雲の形に似ている。