星空の世界  散開星団

散光星雲1
惑星状星雲
超新星残骸
散開星団
暗黒星雲
球状星団
銀河団
渦巻銀河
 
HOME

 photograph by Y・Masamoto

散開星団は直径数光年程度の範囲で数十から数百の星数で構成されている星団で、天の川に沿って分布し、肉眼や双眼鏡程度でみられるものが多い。


おうし座(Taurus)プレアデス星団・M45・Mel22・すばる(1.7)

うっとりと見とれてしまう輝かしく美しいこの星団は、和名すばるの名で清少納言の時代から
枕草子にも描かれ親しまれている、おうし座のプレアデス星団・M45である。
1.4等星の明るい星を中心に星数120の集まりで構成されている。

 


たて座(Scutum)M11・NGC6705(4.4)

星数約80個が集まる天の川の濃いところがたて(盾)座のM11である。
ここは射手座に続いて天の川の濃いところである。

 


射手座(Sagittarius)・M24・NGC6603(4.3) 

北中央より右手(西)のある暗黒星雲B92とB93の左側(東)にあるのが
星数50の散開星団M24である。


双子座(Gemini)・散開星団・M35・NGC2168(4.7)

黄道12星座の一つである双子座は1等星ポルックスと2等星カストルが目印となるが、
M35は、カストルの近くにある星数約120の散開星団である。

 


とも座(Puppis)散開星団・M46・NGC2438・M47・NGC2428(4.8)

とも座の北部に南天の2重星団と呼ばれる散開星団M46・M47がある。
M46の中に惑星状星雲NGC2438が赤く見える。
(左下寄り)中央よりちょっと右寄りにあるのがM47で星数約50の散開星団である。
さらにその少し北側(上側)にあるのが散開星団NGC2428である。

 


カシオペア座(Cassiopeia座)・散開星団・M52・NGC7654(4.6)

派手さはないがこの星座は多くの星団が輝きしっとりとした美しさがある。
M52散開星団は星数約120の集合体である。

 


蟹座(Cancer)散開星団・M67・NGC2682(4.2)

蟹座のシンボル、プレセペ星団・M44の南側にあるこの散開星団・M67は
蟹座のハサミの部分に相当するα星の近くにある星数30の年老いた星の集まりである。

 


ペルセウス座(Perseus)二重星団NGC884・NGC869(4.5)

ペルセウス座の剣の中に対照的な明るい2つの星団が肉眼でも分かる。
写真中央左側は星がまばらに点在するNGC884である。
星数約240個。右側の中心が明るく密集して見える星団はNGC869である。