中央アルプス・宝剣岳登山

登山案内

千畳敷の紅葉

宝剣岳の山野草・高山植物

 

高山植物の宝庫千畳敷を通り乗越浄土を経て宝剣山頂に至るルートは比較的短時間にアルペン的な気分を味わって山頂に到達することが出来、多くの登山者で夏場は賑あう。千畳敷は簡単に60種以上の高山植物を見ることが出来その美しさには感動する。しかしながら天候が荒れると3,000mに近い中央アルプスはそれなりの装備が必要である。2003年8月10日は台風が過ぎ去った直後の天候に恵まれた登山日和であった。観光客も含めたロープウェーの待ち時間は2時間を超えるがその分しらび平や千畳敷の高山植物を堪能する時間ができるので苦にならない。又秋の紅葉も美しい。

撮影; 2003.8.10

Nikon F5 ・AFズームニッコール24-120mm F3.5-5.6・AFズームニッコール28-200mm F3.5-5.6

AFマイクロニッコール105mm F2.8D・RHP3・Canon IXYデジタル200

宝剣岳山頂-2,931m

 

山頂直下の鎖場

 

ここから最後の岩場の登りとなる

 

乗越浄土より宝剣山頂を見る

 

乗越浄土から宝剣山頂と逆方向に行くと中岳・駒ヶ岳方面となる

 

乗越浄土から見る宝剣山荘

  

ハクサンイチゲとシナノキンバイのお花畑

 

遊歩道と登山道の分岐より

 

雪渓が残る

  

未だ観光客も多い登山道

  

千畳敷ロープウェー駅・ホテル方面

 

千畳敷には野猿も多い

 

交通;駒ヶ根インターを右折し、菅の台の駐車場に車を置きバスでしらび平迄行く。しらび平でロープウェーに乗り約8分で千畳敷駅終点。バスはJR駒ヶ根駅からも出ている。最盛期の夏等の間はバス・ロープウェー共、臨時便が出る。温泉は駒ヶ根インター西のコマクサの湯か、家族旅行村等が近い。

 

クリックで拡大

地図

参考コース;千畳敷駅を出て神社の右手を千畳敷カール方面の遊歩道を高山植物を見ながら北へ行く。左手にはアルペン的な山がそびえる。30分程行くと左手方面への登りとなる。夏はシナノキンバイやハクサンイチゲが群生する。少し急な登山道を40〜50分程行くと乗越浄土の稜線へ出る。乗越浄土からは左手に宝剣山山頂が見える。右手は中岳・駒ヶ岳方面。宝剣山荘の方へ左へルートを取り山荘のすぐそばを左へ登る。山頂迄は鎖場もあり慎重に登る。特に雨の日は注意が必要。約40〜50分で山頂に出る。山頂の岩は一人しか立てない。帰りも同じルートを戻る。(登り2〜3時間、下り1.5〜2時間)

クリックで拡大

地図