白馬岳の山野草・高山植物1 

 

山野草地案内

栂池自然園の山野草・高山植物1

栂池自然園ハイキング
登山案内

 
HOME

憧れの白馬大雪渓を通る2泊3日の猿倉から白馬山頂を経由し蓮華温泉へ下る白馬岳登山は夏のシーズンは高山植物の楽しみが多い。キヌガサソウ、チシマギキョウ、山頂付近にはウルップソウやコマクサ等が咲く。野鳥もイワヒバリやルリビタキ、山頂付近にはライチョウが見られる。白馬大池付近はハクサンコザクラも多く疲れを癒してくれる。

撮影; 7月下旬
ニコンD2X・AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)

AFマイクロニッコール60mm F2.8D

RichoGRD2

白馬大雪渓

 

 ハクサンコザクラ

  

ウルップソウ

 

イブキジャコウソウ

   

アズマギク

  

 ハクサンフウロ

  

コマクサ

  

 テガタチドリ

 

ハクサンイチゲ

 

チシマギキョウ

 

白馬大池

 

交通;長野自動車道豊科インターで降りアルプスパノラマライン又は国道147号線を北へ行き、国道148号線へ繋ぐ。JR大糸線白馬駅手前の白馬交差点を左折約8kmで猿倉山荘へ着く。猿倉荘手前にいくつか駐車場は有るが夏のハイシーズン時は白馬駅付近叉は八方に駐車してバスで猿倉へ行く方が無難。

猿倉から八方、栂池、蓮華温泉迄の車の回送サービスも有る(猿倉荘で受付) http://www8.ocn.ne.jp/~ansin/kaisou.html

クリックで拡大

 

参考コース;猿倉荘左手横の登山口から登っていく。白馬尻小屋迄約1.5時間。7月下旬等雷が多い季節は14時頃迄に白馬山頂に着くようにしたい。その場合白馬尻小屋に泊まった方がゆっくり行ける。白馬尻小屋周辺はキヌガサソウ等も多い。

白馬尻小屋からは大雪渓を通り葱平迄約3.5時間。雪渓は軽アイゼンを履いた方が良い。又、大きな落石による事故も有るので常に前上方を確認しながら行く。休息時も立ち休憩にしたい。葱平から村営白馬岳頂上宿舎迄約3時間。そこから白馬山荘迄約30分。サンデッキで生ビールが飲める。(泊)

翌日は早めに立ち白馬大池経由で蓮華温泉に下る。白馬山荘から白馬山頂迄約20分。ライチョウも見られる。左に行くと杓子岳、右に行くと雪倉、白馬大池・蓮華方面。右に行き白馬大池に降りる三国境迄は約45分、途中コマクサが多い。三国境から小蓮華山を通り白馬大池迄約3時間。途中イブキジャコウソウ等も有る。白馬大池付近にはリンネソウやハクサンコザクラ等の可憐な花が楽しませてくれる。白馬大池で大休止をとると良い。右へ行くと栂池方面、左へ行くと蓮華温泉方面。蓮華温泉迄は天狗の庭を通り約3時間、ひたすら下る。蓮華温泉の4つの露天風呂で疲れを癒そう。

 クリックで拡大