(三重県・菰野町)御在所岳登山・冬

御在所岳登山・春

御在所岳登山・夏

御在所岳登山・冬

御在所岳の山野草
登山案内
探鳥地案内

 
HOME

ロープウェーでも登れる御在所岳であるが、やはり歩いての登山が面白い。中登山道はアルペン的登山が楽しめるがアイゼンピッケルは必携である。基地となる湯の山温泉には、公共宿泊施設や観光ホテル等がたくさん有り、又山の疲れを癒してくれる日帰り入浴可能な温泉も多い。名古屋や浜松方面からも日帰り可能であるが冬は早い時間からの登山が必要である。

撮影 Richo GRD2 (12月中旬)

御在所山頂

 

樹雪

 

鎌ケ岳を展望 

  

 氷雪

 

最大の難所の鎖場

 

奇岩も多い 

 

ロープウェー山上駅方面

 

巨石

交通;車なら東名阪道四日市インターを降り、湯の山温泉方面を目指す。冬期は御在所スカイラインは通行止めになっており御在所スカイラインに入らず、湯の山温泉・御在所ロープウェー駅経由でスカイラインへぶつかるところ迄行く。数台駐車できる。四日市インターから約9km.

 (クリックで拡大)

 

参考コース;登山道はいくつか有るが、最もポピュラーなコースは中登山道である。登りで4から5時間下りで3時間程度。どちらかをロープウェーを利用するのも良い。ロープウェーは運行日や時間を確認して利用する必要がある。また強風の場合は運休になるので注意が必要。

       参考コース(クリックで拡大)