(岐阜県・上石津町)烏帽子岳の山野草6

 

 

 

帽子岳の山野草1

烏帽子岳の山野草2

烏帽子岳の山野草3

烏帽子岳の山野草4

烏帽子岳登山 烏帽子岳の野鳥達

藤原岳の山野草1  山野草地案内

 
HOME

標高も1,000mに満たないのと近くの藤原岳が花の百名山として有名になり過ぎているが、その藤原岳のフクジュソウに優るとも劣らないイワウチワが山頂付近の登山道の両脇に咲き乱れる烏帽子岳は全体にきつく無く花を楽しめる山として第一級の山ということができる。4月のイワウチワに代わり5月にはイワカガミが登山道の両脇にはえ登山の疲れを癒してくれる。シャクナゲは1年おきにしか咲かない。

撮影 2004年5月後半

Nikon D2H・AFマイクロニッコール105mm F2.8D・AFズームニッコール24-120mmF3.5-5.6D

イワカガミ

  

コアジサイ

 

(スズカ)カンアオイ

 

ギンリョウソウ

 

ニガナ

 

ハナニガナ

 

シキミ

 

ウツギ

タニウツギ

 

EB-2 ヤマツツジ

 

EB-3

 

   EB-4

  

交通;名古屋・浜松方面及び関西方面からは名神高速関ヶ原インターで降り国道365号四日市方面へ南下する。約14kmで上石津町の緑の村が左手にある。それを過ぎ、すぐ下山を時山方面へ右折する。村の商店がある所を右折して下山から約4kmで発電所が右手にある。そこの道路左手に4〜5台駐車できるスペースがある。そこからも登山できるが道も分かりにくく初めての登山には適さないルートである。経験者の同行が必要となる。一般的なそこからさらに1.5km行った所にある時山バンガローから登るルートである。左手に赤い橋がありそこを渡ると駐車場がある。

クリックで拡大

参考コース;時山バンガローから案内にそって登山する。電力会社の案内版があり良く見ながらルートを見失わないように登る。約2〜3時間で最高地点に着く。最高点の手前からはイワカガミ、や年によってはシャクナゲが咲き乱れている。さらに5分くらいで三角点に着く。下りも同じルートを案内版を確認しながら下山する。1.5〜2時間くらいで時山バンガローに着く。(コースタイムは花を見ながら行くと1.5倍くらい必要)

クリックで拡大