大菩薩峠の山野草

大菩薩峠の野鳥達
大菩薩峠ハイキング
山野草地案内

 
HOME







富士山の好展望地のひとつである大菩薩峠は中里介山の小説で有名な峠である。東京方面からも名古屋・浜松方面からも交通アクセスは良い。又、適度な山道のコースでハイキング・フラワーウォッチングにも適する。99年7月18日は天候もまあまあで山野草もヤナギラン、オオバギボウシ等が咲き乱れ、大いに楽しめた。

交通;静岡・浜松方面からは東名高速を御殿場インターで下り、国道138号線から東富士5湖有料道路に入り、中央高速に入り大月インターで下りる。国道20号線を甲府の方向に約16km走り、新笹子トンネルを抜けたら丸林西の信号を右折し、嵯峨塩鉱泉を右に見て上日川(かみにっかわ)ダムを左に見て進み原生林に囲まれた林道(未舗装)を走ると駐車場があり、奥にロッジ長兵衛がある。信号から約20km。駐車場は約100台。駐車場から福ちゃん山荘までは歩く。

東京方面からは中央高速大月インターで下り、以下静岡・浜松方面からと同じ。

名古屋方面からは中央高速勝沼インターで下り、国道20号線を大月の方向に約6.5km走り、丸林西の信号を左折し嵯峨塩鉱泉を右に見て上日川(かみにっかわ)ダムを左に見て進み原生林に囲まれた林道(未舗装)を走ると駐車場があり、奥にロッジ長兵衛がある。以下静岡・浜松方面からと同じ。

参考コース;駐車場から福ちゃん山荘まで約20分。福ちゃん山荘から大菩薩峠が良く見える。さらに介山荘のある大菩薩峠(1,897m)迄約1時間。ヤナギランが咲く。比較的楽なコースである。大菩薩峠から雷岩を通り、大菩薩嶺(山頂2,057m)迄約1時間。帰りは雷岩迄戻り唐松尾根を福ちゃん山荘へ下る(約1時間)オオバギボウシなどの群生がある。

撮影; 99.7.18
Nikon FM2 AFマイクロニッコール105mm F2.8D
タムロンAF28-200mmF3.8-5.6LD・RDP2


ノハナショウブ


ノアザミ


ハクサンフウロ


キバナノヤマオダマキ


ミヤママタタビ


ヤナギラン


オトギリソウ


シモツケ


オオバギボウシ


ミヤマキンポウゲ


ニョホウチドリ


サラシナショウマ


ヨメナ


ウツボグサ